日本のギャンブル - 一攫千金.com

一攫千金.com TOP > 日本のギャンブル

日本のギャンブル

世界のギャンブルといえばカジノ。 日本のギャンブルならパチンコと良く言われています。

なんと、パチンコ産業の売り上げは約20兆円。
(95年の30兆円がピークで年々下がっては来ている)

アメリカ全体のカジノで約2兆円。ラスベガスだけですと5000億円。
今一番盛り上がっているマカオのカジノでさえも2兆5000億円ですので、

日本の売り上げは軽く10倍を超えていますね。

さらに・・・

競馬で3兆3000億円, 競艇で9800億円 ,宝くじで1兆円
他にも色々と公営ギャンブルはありますが、全部足すと、

日本の公営ギャンブルに30兆円近いお金が落とされています。

ちなみにパチンコホール最大手企業のマルハンだけでマカオのカジノと同じぐらい売り上げがあるんですね。

こうなってくると、日本人はギャンブル中毒としか言いようがなさそうです。というか、そういう風に仕立てられた・・・と表現した方がいいかもしれません。

だってそうですよね?TVで年末ジャンボのCM。有名俳優による競馬のCM。ロトやtotoも楽しそうに宣伝してます。これだけ良いイメージを先行させればひとたまりもありません。

それなのに、カジノの合法化に対してはいたって慎重のような気がします。

だれにいくらのお金が落ちるか・・・。
できるだけ国が儲かるようにするために必死なんでしょうね。

カジノ法案をまとめてしまえば、国が牛耳っているギャンブルによって恩恵を受けている人達が困るからかな?と考えても不思議ではありません。

世界ではカジノは一般的なのに日本だけパチンコ屋が中心って変な国っていうイメージが海外の方にはあるようですよ。

日本はカジノ禁止ですが、オンラインカジノは現在放置状態。 合法とも違法ともいえない位置づけになってますね。

いわゆる取り締まる法律がないからそういうことになっているようです。

いろいろ調べればすぐに分かることですが、パチンコや競馬、宝くじでお金を賭けるお金を、オンラインカジノに変える方が有利ということを皆が気付けばあっという間にパチンコ産業が脅かされるでしょうね。

 


まずは無料ゲームで慣れて一攫千金を狙おう!

>仮想マネー・リアルマネーでカジノを始める手順や、実際のお金を賭けるまでに分かりにくかったことなんかを図解でまとめてみました。カジノは無料のゲームとしても遊べるので運試しなんかにはぴったり!

⇒2000ドルが12000ドルに!私がカジノを始めた手順はこちら

日本のギャンブルに関連する記事一覧