海外の宝くじで一攫千金? - 一攫千金.com

一攫千金.com TOP > 海外の宝くじで一攫千金?

海外の宝くじで一攫千金?

日本の宝くじで一番の高額当選はロト6と年末ジャンボですよね。最大2億円にまでなるのでまさに一攫千金。当たる確率は低いのですが当たっている人がいるっていうのだから羨ましい限りです・・・・。

この宝くじは日本以外でも盛ん。当選金額も10億とか普通にありますよ。カジノが合法化されている国なんかですと、宝くじという位置づけも日本とは違った感じになるようです。普通のスロットマシンが日本の宝くじだったりしますからね。

日本と同じように発券して当選番号を決めて、還元するという方式を取っている海外の宝くじのクジ券。なんと日本の法律では海外の宝くじを購入してはいけないっていう法律があるみたいですね。

法律第187条で禁止されていて罰として20万円以下の罰金が科せられるようです。海外に行って、現地で宝くじを購入して換金するのであれば問題ないとのこと。

アメリカの場合ですと、宝くじを国外に持ち出すのは違法行為のようです。(アメリカ連邦法で宝くじの発行州外への持ち出しが禁止)

また、海外のサイトで宝くじを代理購入して、換金するときだけ出向くというのもアリだそうです。ただ、実際には詐欺の温床となっていて、その影響のせいで、こういった法律ができたとも言われています。

そもそも、直接買うことができないから、海外の業者に頼むのですが、もし当たってもスルーされそうな感じは満載ですね。そういう業者が政府のカジノライセンスを発行してもらっているとも思えないですしね。

仮に海外の宝くじに当たったとして、取りに行ったとしても、その国に移住権のない人だと税金がとられるだろうし(アメリカの場合は連邦税30%)、日本に持ち帰っても一時所得として税金。業者が海外から送金してくれるとしても、その手段を信用する値があるかどうかは微妙なところですよね。移動費用や手間を考えると海外の宝くじは割が合わない・・・というのが一般的な見解ではないでしょうか。

ちなみに、よくある海外の宝くじのダイレクトメールDMはほとんど詐欺みたいですね。2012年の国民生活センターに寄せられた相談が8829件となっているみたいです。手口としては、「賞金確定した」と書かれたDMが送付されてきたり、海外の宝くじを購入する権利を申込金として請求する場合もあるようです。契約者の8割以上は50代以上の方々。そのうち34%は中国から贈られてきて、送り主の記載は住所か私書箱が多いようです。

海外宝くじのDMはすべて却下という方向がいいでしょうね。送金したり、クレジットカードの番号などを記載して、引き落としが止まらないといった報告もあるので注意が必要といえるでしょう。

 

 

 

 


まずは無料ゲームで慣れて一攫千金を狙おう!

>仮想マネー・リアルマネーでカジノを始める手順や、実際のお金を賭けるまでに分かりにくかったことなんかを図解でまとめてみました。カジノは無料のゲームとしても遊べるので運試しなんかにはぴったり!

⇒2000ドルが12000ドルに!私がカジノを始めた手順はこちら

海外の宝くじで一攫千金?に関連する記事一覧