現金の落し物でお金持ちに? - 一攫千金.com

一攫千金.com TOP > 現金の落し物でお金持ちに?

現金の落し物でお金持ちに?

現金を拾うこと自体滅多とないため、なかなか出くわすことはありませんが、現金の落し物を拾ってお金持ちになる人がいます。高額になるとニュースになる場合がほとんどですので、宝くじに当たるより低い確率だと思いますが・・・。

警視庁の遺失物法によると、落とし物、忘れ物を探せる期間が3か月のようです。(平成19年12月10日施行)これによると、携帯電話や運転免許証などの個人情報が記入されたものは、もらうことができません。

現金を拾って、3ヵ月の間に落とし主がわからなかったら、拾った人のものになります。だたし、届けてから3ヵ月経って、2か月以内に取りにいかないと権利は無効になります。警察からは連絡はきませんので要注意ですね。ちなみに、落とし主が拾い主にお礼をするのは届け出があってから1か月以内と決められているようです。ただ、現金の場合はどうやってそれが自分のものと証明するのか・・・って所が疑問ですね。

拾ってそのまま届ける人も多いような少ないような・・・。財布を拾えば届けるけど、1万円札が落ちていたらどうするか悩む人も多いかもしれませんね。落とし主だってどこで現金を落としたかなんかわからないし、その1万円が自分のものだと証明するすべってないような気がします。以外と、何百万単位のお金を拾うと怖くなって届ける人がほとんどなのかもしれません。そういう場合は大抵はニュースになるけど、案外その何十倍も届けていない人がいたりして・・・・。

豆知識として、届けられた落し物は警察署の会計係にあつめられて、持ち主が特定できるようであれば連絡したり、遺失届と紹介したりします。届けられてから2週間経っても落とし主がわからなかった場合は、遺失物センターというところに保管されて、さらに調査されるようです(どうやって?)

落し物が持ち主に返ってくる割合は、現金で約74.3%。品物で約19.9%だそうです。案外お金ほうがちゃんともどってくるんですね。ちょっと古いデータですが平成19年度の落し物は約231万個。一番多かったのは予想通り傘。34万本、なんと2番目に多いのが財布の21万個だそうです。

そのうち現金で拾われた方法って何件ぐらいなんでしょうね。竹藪や山の中で拾ったお金って案外表にだせないようなお金。いわゆる裏金が多かったりするから落とし主が現れないケースも多いみたいですね。


まずは無料ゲームで慣れて一攫千金を狙おう!

>仮想マネー・リアルマネーでカジノを始める手順や、実際のお金を賭けるまでに分かりにくかったことなんかを図解でまとめてみました。カジノは無料のゲームとしても遊べるので運試しなんかにはぴったり!

⇒2000ドルが12000ドルに!私がカジノを始めた手順はこちら

現金の落し物でお金持ちに?に関連する記事一覧