損をしないギャンブルない? - 一攫千金.com

一攫千金.com TOP > 損をしないギャンブルない?

損をしないギャンブルない?

できるだけ損をしないで一攫千金。

実は多くの人が、一攫千金の期待値を知らずに、TVやCMなどイメージが先行した日本の公営ギャンブルで、多くの方が夢を買えた・・・・・。という満足感だけで終わってしまいます。

このサイトの管理人自身、ありとあらゆる公営ギャンブルを経験してきましたが、一攫千金の可能性が高いギャンブルほど、期待値が低いという状況は日本では当たり前ですが、海外からみると、日本のギャンブル事情は異常ともいえる状態なのです。

以下、ワイルドジャングルカジノを例にとっても、他のギャンブルとは一線を画するほどの還元率となっています。しかしながら、勝てる確率が高いだけであって、運営者は確実にお客さんが賭けたお金の3%を利益としている現実があります。

宝くじの当たる確率や控除率を考えると、ギャンブルは必ず胴元が勝てるようになっているのは事実ですが、胴元が最終的にプラスになるのであって、参加者が必ずしも負けるとは限りません。還元率が低いければ低いほどその傾向にあります。言い換えれば、オンラインカジノでスロットマシンを10万円分プレイする期待値は、宝くじを20万円分購入したときの期待値に近くなります。

厳密言いますと、賭けたお金を集めて、控除率を引いたお金をお客同志で分け合うため、極端に勝者が偏る場合が多々あります。還元率はギャンブルで勝ちやすくするための目安であって絶対的なものではありません。仮に還元率が100%を超えていれば、長い目、数か月、数年単位で見るとカジノ側が損することにはなりますが、すべてのプレイヤーが勝てているかというえば疑問がのこります。

運営者側からみれば還元率は利益そのものになりますが、プレイヤーにとっては勝っている人と負けている人の分布場所が前後するだけであって、いつまでも勝てている人は還元率が多い少ないにかかわらず存在しているのが現実です。

当然、還元率が高い方が勝てているプレイヤーが多いということになります。宝くじの控除率が48%前後、オンラインカジノの平均が97%、これで単純に勝てている人が2倍になるのかといえばそう簡単な問題でもないようです。

確率が収束(その確率通りに出現する)のは分母の数が大きくなればなるほど安定しません。(膨大な数の試行回数が必要~何十万回)。実際に競馬にしろ、宝くじにせよ何十万回もプレイすることは非現実ですので、最後まで勝てている人、いつまでたっても勝てない人が発生してしまうのです。

そんな経緯を踏まえて、賛否両論のオンラインカジノが普及すればもっと多くの人が一攫千金のチャンスがえられるのではないか?と考えこのサイトを立ち上げました。

 


まずは無料ゲームで慣れて一攫千金を狙おう!

>仮想マネー・リアルマネーでカジノを始める手順や、実際のお金を賭けるまでに分かりにくかったことなんかを図解でまとめてみました。カジノは無料のゲームとしても遊べるので運試しなんかにはぴったり!

⇒2000ドルが12000ドルに!私がカジノを始めた手順はこちら

損をしないギャンブルない?に関連する記事一覧